妊婦における葉酸の効果とは?

サロンにダイエット食品 > 葉酸サプリ > 妊婦における葉酸の効果とは?

妊婦における葉酸の効果とは?

妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが大変だという方は、無理をせずサプリを飲むことも間違いではありません。サプリメントであれば簡単に摂取できるという訳ですね。

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。

しかし、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、どのようなリスクがあるのでしょうか。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、摂取をお勧めします。実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

↓参考サイト
オーガニックレーベルの葉酸は楽天より公式サイトがお得です!